本文へスキップ

TEL. 0562-96-1203

〒470-1141 愛知県豊明市阿野町三本木121

輸送を軸として花き流通の発展に貢献する――― 常に挑戦を続ける植物輸送のパイオニア

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報・FAQ

2017年4月1日
サイトをリニューアルいたしました。

よくあるお問い合わせ(FAQ)

サービス関連

Q.日植が運ぶのは花だけですか?

A.原則として鉢花・切花をメインに運んでいますが、荷物にやさしいサスペンション、荷室の温度管理を可能にしている空調システム等、花以外の荷物でもその力を発揮できることと思います。
 お客様からのご要望にはなるべくお答えしていきたいと考えておりますので、まずは各営業所にお問合わせください。

Q.チャーターは出来ますか?

A.可能です。
 山上げや山下げ、配達や直送等で植物を大量に移動させる場合、花き輸送のプロフェッショナルである日植に是非ご相談ください。
 チャーターの場合はトラックの予約の関係もありますので日程がお決まりになり次第、早めにご相談いただければ幸いです。
※車の手配の関係上、遅くとも数日前までにはご連絡をお願いいたします。
その他、詳細や運送料金につきましては、各営業所までお問合わせください。
皆様のご利用、お待ちしております。

Q.どんなトラックがあるのですか?

A.4トン車はもちろんのこと、小口配送用の2トン車から、大型11トン車、セミトレーラー、フルトレーラーまで、幅広いトラック・バリエーションで全ての輸送ニーズにお応えします。

Q.海外との取引もありますか?

A.現在の日植運輸は陸上トラック輸送が専門ですので、海外とのお取引はありません。


製品関連

Q.トラックには花を安全に運ぶためにどんな架装をしていますか?

A.弊社のトラックは、走行中の衝撃を緩和するためのエアーサスペンションや季節による温度変化を空調設備でコントロール出来るようにしてあります。
 トラック・ボデーの中は何もしないと真夏は50度近くに、真冬はほぼ外気温と同じまで温度が下がってしまいますので、生き物である花を運ぶトラックは輸送中の温度管理が必要になります。こんな場合には空調設備による温度管理が大切になってきます。

Q.大鉢などは走っているときに倒れたりしないのですか?

A.倒れないようにしっかり固定して運んでいるので大丈夫です。

Q.日植のトラックのデザインには何か意味があるのですか?

A.花の本場オランダを象徴するチューリップを横にしたデザインで、日植の シンボルカラーである赤と緑でカラーリングしています。


バナースペース

日本植物運輸株式会社

〒470-1141
愛知県豊明市阿野町三本木121

TEL 0562-96-1203
FAX 0562-96-1205